海洋葬

一般社団法人日本海洋散骨協会

アルファクラブグループは日本海洋散骨協会に加盟しています
ブルーハートマークは信頼の証
青い海に広がる白と青の花びらで、故人や故人を想う方々の「心」と、みなさまのお手伝いをする散骨事業者の「心」をかたちにした「ブルーハートマーク」は経験、実績、許可および届出を確認した事業者に付与されるマークで、ご依頼主様が安心してご利用いただける企業の証です。
一般社団法人日本海洋散骨協会ガイドラインを遵守する事業者に対して、協会が発行する信頼のマークです。

散骨エリア

散骨された海上地点は船のGPSにより正確に記録されますので、
再度同じ場所へ向かい故人様を偲んでいただけます。

料金プラン

東京湾 福島県小名浜沖 茨城県大洗沖 駿河湾

東京湾

委託散骨プラン:74,800円、チャーター散骨プラン:会員価格248,000円

【ご注意】
※プランは全て故人様一人分の料金となります。
※散骨エリアにより船の大きさが異なりますため、散骨料金が異なります。ご理解とご了承くださいますようお願い申し上げます。

福島県小名浜沖

委託散骨プラン:74,000円、チャーター散骨プラン:会員価格238,000円

【ご注意】
※プランは全て故人様一人分の料金となります。
※散骨エリアにより船の大きさが異なりますため、散骨料金が異なります。ご理解とご了承くださいますようお願い申し上げます。

茨城県大洗沖

委託散骨プラン:74,000円、チャーター散骨プラン:会員価格238,000円

【ご注意】
※プランは全て故人様一人分の料金となります。
※散骨エリアにより船の大きさが異なりますため、散骨料金が異なります。ご理解とご了承くださいますようお願い申し上げます。

駿河湾

委託散骨プラン:94,000円、チャーター散骨プラン:会員価格250,000円

【ご注意】
※プランは全て故人様一人分の料金となります。
※散骨エリアにより船の大きさが異なりますため、散骨料金が異なります。ご理解とご了承くださいますようお願い申し上げます。

お申込みのながれ

お申込みのながれ
  • step1
  • 仮申し込み
  • WEBフォームからお申し込みください。
  • step2
  • お打ち合わせ
  • お申し込み受付後、お客様へ当社よりご連絡いたします。
  • step3
  • 本申し込み
  • 内容を十分にご検討頂いた後、お申し込みしていただきます。
  • step4
  • ご遺骨のお預かりと
    粉骨作業
  • 火葬されたご遺骨をそのまま海へ散骨することはできません。
    粉末・パウダー化し、散骨に適した大きさにする必要があります。
    直接ご遺骨をお持ち込みいただくか、当社スタッフがお預かりに伺います。
    心を込めて粉骨作業を当社にて行い、粉末・パウダー化したご遺灰をお客様へ海洋葬当日に当社スタッフがお渡しします。
  • step5
  • 海洋葬前日
  • 安全な海洋葬が可能かどうか気象情報をもとに慎重に判断し、 最終のご案内をお電話にてお客様にお伝えいたします。
海洋葬仮申込み

海洋葬(散骨)クルージング当日のながれ

  • 集合・出港準備
  • 当社指定の場所にお集まりいただき、ご乗船の手続きをしていただきます。

    安全上、ヒールのない靴(スニーカー等)でご乗船ください。また、ライフジャケットを人数分ご用意いたしますので、必ずご着用ください。

  • 出港~
    散骨エリア到着
  • ご指定の港より出港いたします。 散骨エリアに到着し、GPSにて正確な地点を記録します。

    担当のクルーが同乗し、安心安全で真心こもった散骨クルージングをサポートいたします。

    出港
  • お別れセレモニー
  • 1.開式の辞

    故人様のお好きだった曲や想い出の曲などを
    セレモニーでお流しする事ができます。

    2.散骨
    3.献花・献水・献酒
    4.黙祷・号鐘
    5.閉式の辞
海洋葬散骨証明書の発行
後日、「海洋散骨証明書」を発行し、ご自宅へお送りします。
海洋散骨証明書

海洋葬(散骨)Q&A

一部のみを粉末化して、それのみを散骨できますか?
はい。散骨の量に決まりはございません。

全てのご遺骨を散骨される方もおられますが、分骨をしてお墓に納骨し、残りのご遺骨のみ粉末化して散骨されるケース、全てのご遺骨を粉末化して一部のご遺灰をご自宅・お手元供養し、残りのご遺灰を散骨されるケースなど様々です。
すでにお墓へ納骨されているご遺骨の一部を散骨される場合は、お墓の管理者に伝えご遺骨の一部を引き取ります。その際引き取るご遺骨を入れる容器のご用意や石材店にご骨を取り出す作業の依頼などが必要となります。

書類や手続き等が無いと海へ散骨することはできませんか?
海への散骨は特別な書類や手続き等は必要ありません。

当社で海洋葬(散骨)をしていただく場合には、当社からお渡しする申込書類「海洋葬予約申込書」「海洋葬散骨同意書」、そしてご遺骨の粉末加工が必要な場合は「ご遺骨お預かり証」にもご記入・捺印していただきます。添付書類として「埋葬(火葬)許可証の写し」とお申し込み代表者と故人様の関係を示す「戸籍(除外)謄本の写し」をご用意ください。

宗教について制限がありますか?
宗教・宗派につきましてはどのような方でも可能です。

当社が執り行っている散骨セレモニーは、基本的に無宗教のスタイルですが、当社では仏式、神式などのお客様のご要望も取り入れた形の散骨セレモニーをお受けできますので、ご相談ください。ただし、宗教者の手配、費用などはお客様のご負担となります。

散骨後のお参りは?
メモリアルクルージングをご用意しております。

一周忌やお彼岸などに再び散骨ポイントに向かい、お花やお酒を手向け、故人様を偲んでいただくためのクルージングをご用意しております。

経験豊かなクルーが誠心誠意努めます
出港の最終決定は前日の気圧配置・気象情報をもとに船長・クルーが審議の上、判断します。
風速10m、波の高さ2mを超える予報の場合は順延となります。
前日の予報で問題が無い場合においても、当日の急な天候悪化により時間変更、出港中止となる場合もございますが、
お客様の安全を第一に考え決定いたしますので、ご了承ください。

散骨豆知識

散骨に関する法律

1991年に厚生省(現厚生労働省)が「墓地埋葬法」の解釈に関して「墓地埋葬法は、遺灰を海や山に撒く葬法は想定しておらず、法の対象外である」との見解を発表しました。法務省も刑法190条において「葬送のための祭祀として、節度をもって行われる限り違法性はない」と発表しました。このことにより、近年では、散骨が認知され、徐々に散骨を希望する方が多くなりはじめました。
さらに、国内での散骨が増え今後認知されていく中で、陸部や沿岸部での散骨に対し「指定地」が設けられたり、条例が定められていくことが起こりうると予想されます。
現在の違法でない「節度をもって行われる」散骨の判断基準とは、散骨をするに適した場所の選定など、周囲の人々の影響や環境への配慮も含めて、ルール・マナーを守り、実施するということです。

周りの方への配慮

散骨を希望する方が年々増加しており認知度も高まってきておりますが、まだまだ散骨に対して様々な考えをお持ちの方がおられるのも事実です。
火葬された遺灰は、衛生・環境面においても全く無害なものですが、ご遺骨に対しての恐れ、穢れを感じてしまうことはぬぐいきれません。
また、魚釣りや、観光・レジャー目的のお客様も港には数多くいらっしゃいますので、周りの方への配慮として喪服でのご乗船は極力お控えいただくようにお願いしております。

海洋葬仮申込み
  • フリーダイヤル0120-81-331024時間・365日対応・相談無料・携帯OK
  • 今だけ!資料請求すると「あんしんノート」をプレゼント
    資料請求無料相談
広告番号:21-174

さがみ典礼の葬儀を知る

互助会のメリット

近くの葬斎場を探す

イベント情報